menu

鎌倉 鉢の木

精進料理と会席料理の専門店「鉢の木」 「鉢の木」は昭和39年創業、精進料理と会席料理の専門店として親しまれているお店です。

「鉢の木」という屋号は、鎌倉時代、佐野源左衛門常世が、大切にしていた梅、松、桜の三本の鉢木を惜しまず焚き、大雪に遭った北条時頼をもてなしたという古事から名付けられたそうです。

鉢の木は現在本店、北鎌倉支店、新館の3店舗があります。個人で行かれる場合も、事前に電話で予約をしておくと良いでしょう。北鎌倉の駅から最も近いのは、北鎌倉支店です。駅の南側の道を歩いて3分くらいのところに、看板が出ているのですぐにわかります。

「桂」コース メニューは3000円〜10000円のコースがあります。写真のメニューは「桂」3000円(税・サ別)。季節の素材を使った美しいお料理が、朱塗りの器で運ばれてきます。お料理は、食前酒、先付(ジュンサイと山芋の酢の物、松風ふう焼物、枝豆、葉唐辛子の佃煮)、いんげんの和え物、椎茸湯葉の包み揚げ(延命袱紗)、ごま豆腐、トマトのすり流し(とろろ、海ぶどうのトッピング)、炊き合わせ(冬瓜、油揚げ、生麩、椎茸)、滝川豆腐、天ぷら(なす、みょうが、ししとう、レンコン)、ジュンサイ赤だし、ごはん、自家製柴漬け、塩昆布、梨。どれも珍しくて上品なお味で、ボリュームも十分にありました。「精進料理って、すぐお腹空いちゃうのよね〜」という陰の声も聴かれましたがなんのその、その日は夜までかなりお腹イッパイでした。

(いでぼん)

ページ
トップ