menu

横浜国際総合競技場

横浜スタジアム 通訳ガイドが下見をする目的のひとつには、お客様に提供する訪問地の設備、概要についてのインフォメーションやトピックスを集めることがあります。また、お客様をスムーズに誘導できるように土地勘をつけ、順路を把握しておくことも重要です。特にワールドカップの試合当日の競技場周辺は大混雑が予想されます。今回はそのふたつの視点から見た決勝戦を含む4試合が行われる横浜国際総合競技場の情報をご紹介します。

アクセス JR横浜線の新横浜駅、小机駅および市営地下鉄新横浜駅から徒歩10〜15分、地下鉄北新横浜駅からも徒歩20分位です。各試合当日は前記の最寄駅から,チケットに記載されたスタンドの色(赤・青・黄・緑)別に係員の方が誘導してくださるそうです。日本語のわからない外国人にとっても助かりますね。無用な混乱を避けるため対戦するチームのサポーター同士が同じ道を通らないようにルートが設定されています。そのため、特に、地下鉄北新横浜駅方面から西・南ゲートに行くにはかなり、遠回りになりそうです。

小机駅からの道は、キャベツやブロッコリーの畑が広がるのどかな風景が広がっています。新横浜駅からはワールドカップ一色の市街地を通ります。

競技場の概要、設備 国内最大規模の収容力を誇ります。普段は客席数約70,000なのですが、ワールドカップにあわせて、2000席増設されました。
屋根の最上部までの高さは52mで、これは12階建てのビルの高さに相当します。スタジアム自体は7階建てで、フィールドは3階の天井、1階席(34,500席)は3〜4階部分にあたり、2階席(37,500席)は6〜7階部分に相当します。

芝はもちろん天然芝で、いつも最高の状態を保てるように、地下約30cmのところに通っている温水パイプで管理しています。

北側と南側に1つずつある大型スクリーンボードのサイズは9m×19mで、バレーボールコートの大きさと同じです。
試合の様子などが、迫力ある画面に映し出されます。

西側(メイン)スタンド上部の赤と白の線は、100mを7秒で走る自動走行カメラのレールで、これで撮られた映像がスクリーンに映し出されます。 青色はプレス用の約3,000席で、各席からパソコンやファクスで送信が可能です。
その下の1階部分奥にあるピンク色はVIP用の約400席。このあたりの屋根は全長146mの可動庇になっており、最大で5.5m伸長した場合、プレスとVIP席の最前列までを覆います。

横浜スタジアム 東ゲート 横浜スタジアム 大型スクリーン 横浜スタジアム 西側スタンド

試合当日の交通 同競技場ではワールドカップ当日、大会関係者など事前に許可をとった車両でなければ、駐車場を使用できません。新横浜元石川線で第3京浜入り口から横浜労災病院北側まで関係車両を除き車両通行止めになるのをはじめ、競技場周辺一帯で交通規制が敷かれます。ハイヤーを使う場合も、許可がなければ通行止め地域には入れません。タクシーの降車場は宮内新横浜線上とJR小机駅前広場の2箇所に設置されます。

車両検問もあり、大規模な混乱が予想されるため、かなり時間の余裕をみたほうがいいでしょう。観戦に際してはマイカーなどを自粛し鉄道を利用するよう推奨されています。JRでは、臨時列車を運行する予定です。東海道新幹線上り、新横浜−東京間では23時台に全席自由席の列車が3本増発され、最後の列車に乗った場合23時59分に東京駅に到着します。個人の外国からのお客様の場合、新幹線を使ってその日のうちに東京のホテルに戻られることも十分考えられ、ガイドとしては、「それにも間に合わなかったら…」と不安です。

ガイドは観戦できていいと思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。チケット、または、主に大会関係者に発行されるパスを持っていなければ1次ゲート(チケット確認、身元確認、荷物検査などが行われる)の外側に設置される0.5次ゲート(チケットの有無、等の確認をする)さえ通れないかもしれません。この場合にはお客様に順路、帰りの待ち合わせ場所を説明して、お客様が出てこられるのをひたすらお待ちすることになります。

ワールドカップ期間中、この競技場で行われる試合は次の通りです。

6月9日(日) 日本 対 
ロシア
20:30
6月11日(火) サウジアラビア 対 
アイルランド
20:30
6月13日(木) エクアドル 対 
クロアチア
20:30
6月30日(日) 決勝戦 20:00
なお、より詳しいスタジアム情報は横浜国際総合競技場
試合当日の交通規制情報は神奈川県警
鉄道の増便、終電の情報はワールドカップ横浜開催推進委員会の各サイトをご覧ください。

(サイトチーム)

ページ
トップ