menu

9カ国語でことわざ
塵も積もれば山となる

お題「塵も積もれば山となる」 9ヶ国語のプロを擁するJFGの強みを活かし、各国語に同じような諺があるかどうか調べてみました。お題は 「塵も積もれば山となる」です。

多くの人がこの諺から連想するのは、まず物やお金でしょう。昨今は、「この低金利じゃ、いくら積もっても山にならないよ!」などという声も聞こえてきそうです。でも、実はこの諺、仏教書の「大智度論」九四巻にある「譬如 積微塵成山難可得移動」に由来し、ごくわずかなものでも数多く積み重なれば高大なものになるという、むしろ精神的な意味合いのほうが大きかったのです。

これを私たち通訳ガイドの仕事にあてはめると、日本の歴史や文化、或いは時事についてお客さまにさまざまな説明をするには、コツコツと地道に勉強を続けていくことが大切、と解釈することができます。この「塵つも」精神は通訳ガイドにとって不可欠と言えるでしょう。

では、外国語にも同じような諺があるかどうか見ていきましょう。

英 語 Light gains make heavy purses.
「僅かな収益が重い財布を作る。」
薄利多売みたいなイメージですね。これは、シェークスピアの作品が生れたころのお芝居『東行きだよーお! ( Eastward Ho)』(1605)が出典とされていますが、同時代のフランシス・ベーコンの随筆集 "Civil and Moral" にも引用されており、小さな利益の機会は恒常的にあるが、大儲けの機会は稀にしか訪れない、小さなことの積み重ねが偉業を成し遂げるが、大きなことには滅多に遭遇しないものだ、という意味で書かれています。
フランス語 Petit a petit, l'oiseau fait son nid.
鳥が、日数をかけて少しずつ巣を作っていくことから、何事も粘り強く続ければ、いつか必ず成就するという意味に使われます。
おそらく、より一般的なのはイタリア語と同様 Les petits ruisseaux font les grandes rivieres. の方でしょうが、こちらは金銭的なニュアンスが強いですね。
ドイツ語 Kleinvieh macht auch Mist.
直訳すれば「小さな家畜も糞をする」となります。
どの辞書にも載っている有名なことわざで、羊や兎、鶏、ガチョウ、アヒルなどの家禽のわずかな糞も、積もれば量が多くなるという意味です。
これらの動物は、ドイツの農家でよく飼われており、グリム童話にも頻繁に登場します。また、好んで食され、食卓にのぼることも多いのです。
イタリア語 Tanti rigagnoli fanno un fiume.
rigagnoli は古くは「小川」という意味ですが、一般的には雨が降ったときに道の両脇の低い部分を流れる水の流れを指します。最初ちょろちょろとしたほんのわずかな量でも、それがより低いところに流れていくうちにたくさん集まり、いつのまにか大きな水の流れ=川になっている、というわけでしょうね。
辛抱強く持続することにより、難しいと思われている目標にも到達できる、という意味であれば、A goccia a goccia si scava la pietra ― 文字通り「点滴、石を穿つ」 ― がよく使われるようです。
スペイン語 Poco a poco hila la vieja el copo.
「老婆が少しずつ紡いでも糸玉になる」と、日本語に直訳してしまうと、語呂のよさが失われてしまうという一例。
poco a poco は慣用句で「少しずつ」を意味し、その音節を逆にした末尾の copo は「糸玉」のこと。鼻眼鏡をかけたおばあちゃんが、暖炉のそばあたりで安楽椅子に揺られながら、少しずつ糸を紡ぐ姿を彷彿とさせてくれます。
ポルトガル語 Grao a grao enche a galinha o papo.
「一粒ずつ食べて鶏は胃袋をいっぱいにする」。
一般的には文の途中か末尾にくる Grao a grao (「一粒ずつ」の意)が文頭に来ることで強調されています。
grao はトウモロコシの粒のこと。トウモロコシは飼料だからと、絶対に食べないポルトガル人の友人もいます。彼は日本のトウモロコシの美味しさを知らないようですね。
ロシア語 Копейка рубль бережет.
「コペイカがルーブリを蓄える。」 コペイカもルーブリもロシアの貨幣単位で、100コペイカが1ルーブリに相当します。辞書上ではコペイカに「小銭」という意味はありませんが、来日するロシア人旅行者の中には、5円玉や10円玉の硬貨のことを、冗談半分に「コペイカ」と呼ぶ人もいます。
この諺がロシアで使われる場合の最近の例としては、たとえば「新聞の定期購読をある一定期間に申し込むと購読料が割引になる」という宣伝広告の見出しが、「コペイカがルーブリを蓄える」となっていました。
中国語 集腋成裘
「狐のわきの下の毛皮も寄せ集めれば毛皮の上着になる。」
純白の狐を探すのは至難の技ですが、真っ白の狐のコートを手に入れることはできます。狐の腋の下の毛は柔らかくて 真っ白。それを少しずつ寄せ集めれば、一着の純白な狐のコートができるのです。
韓国語 「塵集めて泰山」
直訳すれば「塵集めて泰山」。漢字の4文字熟語で「塵合泰山」という言い方もあり、この熟語がもとになっているようですが、出典ははっきりしません。
「泰山」とは中国の山東省にある名山ですが、転じて「高く大きな山」の意味として、韓国でも日本でも使われています。
ことわざの意味は日本語とほとんど同じですが、特に、こつこつやっていくことの大切さを言うときによく使います。ただ、漢文翻訳調のちょっと固い表現なので、日本語ほど日常的には使わない気がします。
ページ
トップ