menu

通訳ガイド体験談 アクティブな北海道ツアー

蝦夷リス 北海道は[お菓子]のように魅力的なところです!

お・・・温泉
か・・・かに
し・・・自然

中国語圏のお客さまにとって、北海道の三大魅力といえば「温泉・かに・自然」です。勿論、この他にもたくさんの魅力的な観光資源があります。

北海道には6つの国立公園があります。森林面積は北海道全体の約71%を占めます。海岸線も長く、海も山も満喫できる自然の宝庫です。そんなこともあり北海道のガイドは、バスの中や観光名所でのガイディング以外に、必然的にアウトドア系やスポーツ系をこなさなくてはいけません。スキー、スノーボード、乗馬、かんじきを履いての森林散策、そして知床の流氷ウォーキングなど、安全のためにインストラクターの通訳が必要ということで、お客さまと共に汗を流すことも多々あります。北海道のガイドにとって、アクティブなノリの良さと、日頃から体を鍛えておくことがいかに大切かを実感しています。

中国語圏のお客さまが大変喜んでくださるスポットの一つにスキージャンプ競技場があります。運が良ければ、公式試合が行われていて、オリンピック金メダリストの華麗なジャンプを生で見ることができます。冬のみならず夏(サマーヒル)の大会もありますし、公式試合ではなくても選手が練習していることもあります。ウインタースポーツに関する知識も北海道のガイドには必須です。そして野生の動植物や農林水産など自然に関するレクチャーも欠かせません。スポーツ好きで自然好きの人に向いて いる仕事でしょう。

北海道海鮮 北海道といえば「食」。中国には「民以食為天」(人間にとって食はとっても大切という意味)という言葉があるように、中国語圏のお客さまは実にグルメです。当然、大きな期待を胸に北海道にいらっしゃいます。ツアーによっては既にお食事が予約されている場合もありますが、ガイドに「美味しいお店を教えてほしい!」というお客さまも少なくないので、日頃からグルメ情報にはアンテナを張っておくことが必須です。
かに鍋、お寿司、ラーメン、ジンギスカンからアイスクリームが極旨のお店まで、とにかく中国語圏のお客さまには「食」では絶対に期待を裏切れない、という使命感すら覚えます。ガイドの一番身近なパートナーであるドライバーの皆さまには、本当に沢山の素敵なグルメ情報を教えていただきました。感謝しております。

「北海道っていいところだったねー」とお客さまに感じていただけるのが、私たち観光業に携わる者の本望です。お客さまが笑顔で旅を楽しんでいただけるよう、これからも心のこもったホスピタリティ(時には忍耐も…)で努力していきたいと思います。

(鈴木 保代)

ページ
トップ