menu

熟年新人ガイド体験記

浅草寺でマレーシアの記者と筆者 私は今、大変エキサイティングな毎日を過ごしています。英語と歴史が好きだったことからガイド試験に挑戦し、ライセンスを取得しました。すぐ専業として自立したかったのですが、諸事情により断念し、サラリーマンとしてのキャリアをスタート致しました。ようやく40年たった今、その夢が実現できたのです。

昨年、勧めてくださった方があり、JFGのメンバーとして登録、やっとガイドの仕事を始めました。まだ語るに相応しい経験はあまり無いのですが、私も企業に勤めていれば当然退職している年齢であることを考え、昨今、定年退職を間近に控えた男性たちが、定年後の第二の人生としてガイドを選択し、また実際にライセンスを取って始められる方が増えてきていることもあり、ささやかな私の経験が何かのお役に立つ事があればと思い、筆をとりました。

私のキャリアに少し触れますと、40代まで会社勤めをして、幾つかの職業を重ねた後に自立しましたが、その後の15年は主に、日本人技術者の同行通訳として世界各国を訪れました。通訳の仕事と同時に、海外の文化、歴史、またそこに住む人たちを理解することに努め、それを日本の方たちに伝える努力を重ねてきました。その結果として、現在まで海外渡航は300回以上、訪問国は100カ国近くになりました。「外国・外国語・外国人」が、私のキャリアに一貫しているキーワードでした。

しかし、今度は、その目を日本に転じ、日本を訪れる海外の方々に日本を理解して頂く手助けをするという第三の職業人生を始めることになりました。肝心のガイディングとなりますと、まだまだ未熟の至りで毎回反省を繰り返している状態ですが、笑顔と明るさと声の大きさでカバーしてお客様からは頼りになると、お褒めの言葉を頂いている次第です。

先日、マレーシアから女性ジャーナリスト5人が、小泉首相の提唱するVisit Japan Campaignの一環として、東京紹介の取材のために来日されました。3日間の行程で浅草などの観光地から、自由が丘のスイーツフォレスト、銀座のデパ地下などをご案内しましたが、皆さんから"キュートなガイドさん"と呼ばれ、私のトレードマークであるベレー帽の色を毎日変えるなど、楽しいガイディングをすることができました。帰国直後にグループの代表者から、大変充実した楽しい仕事ができ、また一緒にお仕事がしたいとのメールを頂き、熟年ガイドも捨てたものでもないと自信が沸いてきました。

私は若い時から生涯現役を目標としてきました。この仕事で嬉しいのは、定年の無いことです。今までの自分の人生経験、職業経験を生かした、味のあるガイディングができればと願っています。これからも、定評のある充実したJFGの研修に積極的に参加して、諸先輩の経験を学びつつ、肉体も精神も益々若々しく溌剌として「ガイド道」を極めていく決意をしています。

志水武雄

ページ
トップ