menu

各国のお祭り(後編)

中国:シーサンパンナの水掛祭り 中国雲南省南部、少数民族(タイ族)のお祭りで、タイ暦の6月24日(4月15日)から3日間行なわれるタイ族最大の年越し行事です。伝説ではタイ族の勇者が悪魔を倒したとされるのがこの新年。水は災厄や病魔を洗い流す聖なる象徴。人々は祈りながら互いに水を掛け合って身体を清めて祝福し合い、様々な伝統行事がこのお祭りの間に行なわれます。(中国語 T.K.)

ロシア:マースレニッツァ 復活祭と並ぶロシアの伝統的な祭りの一つで、意味は「バター週間」、カーニバルのこと。復活祭の7週間前の冬送りの祭りとして盛大に祝われます。
18世紀以来、都市の広場で、雪遊びや歌や踊りなどのお祭り騒ぎが繰り広げられてきました。祭りに欠かせない料理は太陽の象徴でもある丸いブリヌィというロシア風クレープ。ロシア人は、「バター週間」に思いっきり飲んで食べて楽しんで、遅い春を迎えるのです。(ロシア語 A.M.)

スペイン:聖ヨゼフの祭 スペインのバレンシアで3月12日から一週間催され、高さ20mにも達するたくさんの山車には、一年がかりでプロの人形職人が作った300個以上のファリャ人形が乗せられます。そして祭の最後の夜、悪霊払いとして燃やされ炎の中に消えていきます。(スペイン語 A.N.)

フランス:革命記念日 7月14日のフランス革命記念日は、国民の大イベントです。パリでは午前10時に、戦闘機がシャンゼリゼ上空を色付きの煙を出しつつ飛び去ると陸海軍の兵隊、警察隊、戦車、消防車等など続々行進し、大規模な軍事パレードが大通りに繰り広げられます。夜はエッフェル塔の近くで花火がパリの夜空に打ち上げられ、お祭り騒ぎは最高潮に達します。この日を境にフランスでは本格的なヴァカンスシーズンが到来することになっています。(フランス語 H.N.)

アメリカ:セイルボストン1992 1492年、コロンブスは長い航海の末、アメリカ大陸を発見しました。
1992年のコロンブス・デイには世界中から100隻を超えるトールシップと呼ばれる大型帆船がボストン港に集まり、盛大なパレードを行ってコロンブスのアメリカ発見500周年を祝ったのでした。(英語 K.T.)

ページ
トップ